2019/7/27〜8/2に渡って、Happiness Catalyst2019のスタディプログラムをデンマーク🇩🇰コペンハーゲンで開催しました。
その詳細を主催者&体験者の視点で綴って行きます。

今回の大きなテーマは「自らの生きかたを創る7日間」

 

1週間を振り返ってみると、本当にこのテーマに合致していた7日間だったと心から実感しています。このプログラムの企画目的が、”デンマークについて知ろう”とか、”有名な観光地に行ってみよう”とか、”幸せを見つけよう”とか、”ヒュッゲを体験しよう”とか・・・そういったことではなかったからです。

このスタディプログラムは、朝起きてから夜寝るまで、日常の生活を送るように”暮らしながら学びを得て”いきます。日中は、連日、様々なコンテンツに刺激を受け、いろいろな分野のデンマーク人エキスパートと会い、様々な話を聞き、朝から本当に夜眠りにつく直前まで、常に、誰かと対話をするチャンスに溢れていました。

一般的に想定されるような”海外旅行”とか”海外視察”とは、ちょっと異なる趣があります。

滞在先は、ホテルではなく、デンマークの一軒家を2棟貸し切り!

2019年のプログラムへの日本からの参加者は11名。年齢10代〜50代、バックグラウンドも学生や会社員、個人事業主、経営者など、様々な方がいて、偶然にできたチームであるけれど、本当に個性の溢れる面白い人たちが集まりました。

「見知らぬ人たちとの、一軒家での生活は、驚くほど、快適だった。」

 

不思議なことに、ほぼ全員が初対面同士なのに、。主催した私たちの方が、本当に、”今朝まで、初対面?”と思ってしまうほど、あっという間に、まるで家族のような距離感になっていく。ということが起こりました。

それは、デンマークの家が、いかに居心地の良い空間を創っているかということでもあると思います。それぞれの皆さんには、個室がありますが、個室にいるよりもリビングで過ごす時間が圧倒的に多かったです。人が自然にリビングに集まり、なんとなしに、会話が始まる。小さな気づきや、深い洞察まで、いろんなことを自然に話せる空間が早い段階で出来上がっていきました。

ちなみに、このプログラムは、現地集合(滞在先の一軒家)でスタートします。到着時間も日時も、人それぞれです。ですが、ドアが開いた瞬間に、誰もが「welcome」といったスタンスで”新しい仲間の到着を迎える”ということが実現されていました!

この続きは、また、後日、掲載していきますね。

 

なお、現在、昨年のプログラムをさらにバーションアップした2020年5月開催「Happiness Catalystスタディプログラム2020」の募集を行なっています。少しでも気になった方はhappinesscatalyst.1@gmail.comまで、お気軽にお問い合わせくださいね。

デンマークのハピネスと人々の生き方を体感! ホームステイ付き「自らの生きかたを創るハピネスデンマーク研修2020/5月」