TABI LABOのページで掲載されていた

スイスの会社FREITAGの「幸せ配達係」に聞いてみたよ!

の記事に登場するイギリス出身のアラン・ドランスフィルドさんのHappinessの考え方と行動力に、大いに共感!

「Happinessの定義は、些細なことに満足感を得られる状態」

アランさんは、「グローバルハピネス執行副社長」というポジション=世界に幸せを届ける係=「幸せ配達係」なんですって。

幸せの触媒であるHappiness Catalystを何かの係に例えるならば「幸せ促進係」です。

幸せを促進するため、様々な企画をしております!
現在は、この春デンマークで開催される2つのスタディツアーの参加者の募集中。日本語通訳がありますので、英語に不安がある方でも参加いただけます。

3月: 3/15-3/20 フォルケホイスコーレ特別短期プログラム開講!「幸せな人生の創りかたを学び感じるプログラム」

5月:5/1-5/5 デンマークのハピネスと人々の生き方を体感! ホームステイ付き「自らの生きかたを創るハピネスデンマーク研修」

ほんの少しでも、興味があるかも・・・と”直感で”感じられたら、happinesscatalyst.1@gmail.comに、お気軽にお問い合わせくださいね。
無料の個別オンライン説明会を開催しています。

Mission of Happiness Catalyst
「一人ひとりが自身と社会のHappinessを考え、よりよい生き方、働き方、学び方を創造できるチャンスを発信・共有する」